ヘアサロン業界のお話

全国の美容師の数

全国でも美容師の数は年々増加していると言われています。1970年代には美容師数も少なかったのですが、現在では1970年代の倍の美容師さんが活躍しています。これは、2011年のリサーチになっており、大震災もあった事から、宮城県や福島県のデーターはとられていません。カリスマ美容師がテレビや雑誌等で話題になると、美容師を目指す方も増えてきているようですね。美容師になる為には、専門の美容学校で学ぶか、通信でも学ぶ事が出来ます。美容学校では2年制となっていてその間に美容師としての手法を身につけて行きます。マナーなども授業の一環になっています。卒業と同時に国家資格を受けられる受験資格が与えられます。国家資格を1回で通過するのは難しく、2〜3回目で資格を取得されている方が多いんですよ。それも美容室で働きながら国家資格に向けての勉強を行ない、筆記試験の勉強や、実技などを練習します。卒業後に就職した美容室ではアシスタントとして学び、先輩美容師の方から国家試験に向けての指導も行なってくれます。美容師数が年々増加しているのには、美容だけではなく、メイクを学べる学校が増えてきたからとも言われています。メイクと美容を学ぶ事ができるとサロンでも活躍できる技を身につけられますし、美容室によっては着付けを行なえるサロンもあります。カットやパーマを行なうだけではなく、さまざまな角度から美容師として活躍できそうですよ。

ヨガは数年前からとても流行るようになりました。

最近はヨガを行ってくれている教室などがたくさんあるので、

自分の時間のある時にヨガに通っているという人も沢山います。

ダイエットをするためやキレイなプロポーションを保つためにヨガを行っているという人もいると思いますが、ヨガは美容にも深い関係があります。

ヨガは動きそのものはとても穏やかでゆっくりとしたものになりますが、ジンワリと汗をかき、代謝を高めてくれます。

ですからヨガをしていると今までは便秘に悩んでいたという人でも、便秘の解消などにつながっていきますし、肩こりや腰痛なども改善されると言われています。

 

また体の中で老廃物が少なくなり、代謝がよくなることによって、お肌もどんどんキレイになっていくので美容に深い関係があるといえます。

スタイルが良くなるというだけではなくて、美容にも関係があると聞けば、毎日ヨガを行おうと思う人もいると思います。

ただヨガというのは一つ一つのポーズでしっかりとその体制をキープすることが大切ですので、

焦ってしまい体を動かしすぎてしまうような事は避けるようにしてください。

 

できるだけリラックスした状態でヨガを行うことで身体に対しての効果も高くなると思います。

キレイなプロポーションを保ちながら、

なおかつ美容にも気をつけていきたいと言う人は、適度にヨガを行いながら代謝の良い体を保ってあげてください。

自分の目的としていることに合わせてポーズをとっていくことができるので、部分痩せをしたり、しっかりと引き締めたりすることができると思います。

 

美容と健康ならヨガもいいですがYOSAもいいですよ。埼玉にYOSAですごくはまっているところがあります。

続きを読む≫ 2012/11/29 20:52:29

肩揉みやマッサージなどを行った後にもみ返しが起きてしまうという人もいると思います。

揉み返しとはどのような症状なのかというと、マッサージなどをするときに力を入れすぎてしまい、反対に筋肉を傷めてしまうような状態をいいます。

特に素人がマッサージを行ってしまうと、揉み返しが起こりやすくなるのですが、

筋肉の量や緊張の度合いに合わせて力加減を考えていかないといけません。

あまりにも力を入れすぎてしまうことで筋肉の緊張がほぐれるだけではなく、さらに筋肉を傷めてしまうので、ここで揉み返しがきます。

 

揉み返しがきてしまうと、マッサージをする前の状態よりもひどくなってしまうことが多く、

さらに辛い思いをしてしまうと思いますので、できれば揉み返しが来ないようにプロにマッサージをしてもらうことをお勧めします。

またマッサージをしてもらう際にひどい肩こりや腰痛などの場合、どうしても痛みが出るので体に力を入れてしまうことがあります。

でも体に力を入れてしまうと、どうしても筋肉が硬くなるのでその分マッサージする側としては力を使わなくてはなりません。

ですからマッサージを受ける時には本当にリラックスした状態で受けるというのも、揉み返しを予防するための手段だと思います。

 

私がお世話になっている整体(世田谷にある)はもみ返しがなくていいですね。

 

揉み返しが起きてしまうと、数日で治るとは思いますが、

その数日間がとても辛いので、揉み返しがないように自分でも気をつけなくてはなりません。

特に自宅にいて肩こりがひどいからとマッサージをするようなこともあると思いますが、

女性の場合には指も細いのでマッサージをすると筋肉に与える刺激が強く、揉み返しが起きてしまいやすいです。

 

ですから直接指を使うよりもマッサージに使えるようなグッズを購入するのもよいと思います。

続きを読む≫ 2012/11/29 20:48:29

美容室に通うペースは男性であれば1.5ヶ月に1度程度であり、女性であれば2ヶ月に1度くらいのペースでカットにいく事が多いんです。美容室も良さそうな美容室があり、初回キャンペーンなどとして格安にパーマを行なえるところやカラーも安く行なえるサロンもあります。ロングヘアの女性であれば、スパンも長く3ヶ月や4ヶ月毎にカットを行なう事も珍しくありません。ですが、美容室側としては、初回の方を次回にも来店して頂く為にさまざまな事を考えなくてはいけません。初めて行った美容室でまた来たいなと思うには、カットの技術ももちろん大切ですが、会話や接客面にも考えられます。会話が弾む事で楽しかったとも思えますし、可愛い髪型になったとお客様自身も嬉しいものです。会話が少なければ、また来たいと思う方も少ないんですよ。美容師にとっては、カットの技術と同じくらい会話も大切になっているんですね。美容室でも使用されているお客様の情報を記載しているカルテには、その方の好みや雰囲気、会話の内容を書いてある美容室もあると言われています。お客様の満足を第一に考えている美容室では、お客様1人1人をとても大切にされているんです。男性の場合は美容室を変える事は少なく、同じ美容室にずっと通われている方がほとんどです。男性の髪型やスタイルは、新しい美容室で説明するのも面倒と思っている方が多いようですよ。一方女性の方は、さまざまな美容室に興味を持つため、固定されている美容室がない方も多く居ます。その方が金額も安く済ませられる事も考えられるからです。

続きを読む≫ 2012/08/14 20:20:14

美容室もうまく顧客をつかまなければ廃業の危機になってしまいます。美容室には設備投資や借入金なども多く、廃業してしまう美容室は半年で40件程になっているんですよ。全国平均でこのくらいの美容室が廃業してしまっています。廃業してしまっている背景には、経営状態の悪化や負債の増加が主な原因とされています。また、美容室は入りやすく目に付きやすい場所だと宣伝効果も高くなっているので、家賃代がかさんでしまう事も考えられます。人件費などの問題もあり、さまざまな問題を解決して行かなければなりません。廃業しない為にもさまざまな手段があります。例えばカットの料金を下げる事や広告などを出す場合にも自分で作成してみるのも良いと思います。お客様への対応や接客が良ければ、また来たいとお客様も思ってくれます。次回割引になるクーポンを発行する事や、ポイント券などを作成し、貯めて行くと割引になると言った事も行なうと、固定客もつきやすくなると言われています。スタッフも正社員を採用するのではなく、数時間勤務のパートやアルバイトを雇って行なう事も経費削減に繋がります。お友達紹介や新規のお客様であれば、パーマとカットでこの価格と言うプランも作成してみると、新規のお客様も増えると思います。いつも通りの経営ではなく、新たなチャレンジを行なう事が美容室にとっても良いと思いますよ。今では1000円カットなどの美容室もあり死活問題にもなって来ています。お客様は、質やサービス、価格が揃ったサロンであれば長く通いたいと思うものです。

続きを読む≫ 2012/08/14 20:19:14